学校長挨拶
生徒の「チャレンジ」を応援します

 本校は、大正13年(1924年)に創立以来、常に時代の要請に応えるべく、工業技術のスペシャリストを育成する教育活動を行ってきました。 「至誠・自律・友愛」の校訓は、学校生活のみでなく、生徒が社会に出たあと、仕事を続けていく上での道しるべともなり、卒業生の多くが、優秀な工業技術者として活躍しています。
 全日制課程は、機械、電気、建築、設備工業の4学科を設置し、それぞれの専門的な知識・技能を身に付けるための実習を中心とした実践的な授業を展開しています。 全校をあげて取り組んでいることは、生徒の進路実現に直結する「資格取得指導」「キャリア教育」「身だしなみ指導」です。
 学校行事では、体育祭や、日頃の学習成果を楽しみながら披露する文化祭など、地域の方々や保護者からも好評をいただいています。 また、3年生では、海外修学旅行(台湾を予定)を実施するなど、広い視野と優れた国際感覚の養成に力を入れています。
 蔵工では、就職希望者の内定率はほぼ100%であり、難関といわれる大企業や、その分野でのオンリーワンの技術を持った企業に多くの生徒が就職しています。 大学進学希望者に対しては、普通科に見劣りのしない多くの大学から指定校推薦枠をいただいているほか、基礎・基本の学力から始め、発展・応用のレベルまで指導する体制を整えています。
 定時制課程は、建築工学科を設置し、建築や設備工業について学んでいきます。 少人数制で、一人一人の特性や個性を大切にし、きめ細かな教育を行っています。
 そんな蔵工では、生徒の「チャレンジ」を心から応援します。 奇しくも、今年度は新しい元号「令和」元年。世界に名だたる企業の創業者の言葉をお借りしますが、まさに「やってみなはれ」の精神で時代を担う気概を持った生徒を、心から待っています。
 入学を検討されている方は、是非本校にお越しください。 学校見学は随時受け付けております。 皆様のご来校、心よりお待ち申し上げます。

校長画像
都立蔵前工業高等学校長
三神 幸男

戻る