宿泊防災訓練

1号館工場より出火という想定のもと、避難訓練が行われました。
今回は体育館ではなく、グランドに避難ということで生徒たちも足早に集合。
体育館への避難よりも、早く避難もできました。
緊急時には今回のように、落ち着いて素早く避難できるようにしたいものです。
 
1年生、3年生はここで訓練は終了です。

2年生はこのあと防災訓練の開始です。
起震車による地震体験や警察署の方によるロープワーク指導、ゴムボードなどの災害用機材の体験。
       
さらに、消防署の方による搬送訓練や煙体験、消火訓練などが実施されました。
     
     

生徒もこの貴重な訓練を真剣に時には楽しみながら行っていました。

続いて、浅草消防署警防課地域防災担当の方を講師に招いて講演して頂きました。
家具転対策をすることが自分の身を守ることにつながり、それによって人を助ける力となること。
「自助 → 共助」となることの大切さを教えて頂きました。
   
夕食はアルファ化米のきのこの炊き込みご飯を作り食べました。
育ち盛りの生徒には物足りない食事かもしれませんが、これも非常時の訓練です。
こうした経験を積むことも大きな糧になると思います。
生徒たちは22時に消灯就寝となりました。